Shachikuブログ:なぜ従業員は残業することが多いのですか

Shachikuブログへようこそ!今日のトピックは、さまざまなソーシャルメディアで出回っている質問に触発されました。 

数年働いている人からもわかるように、余暇のほとんどをオフィスで過ごすことがよくあります。多くの従業員が夜遅くまで仕事を続けることが多い理由について書きます。

未完の仕事のマウント 

主な前提は、あなたの仕事を終えた場合、あなたは時間に家に行くことができるということです。それ以外の場合は、完了するまで滞在する必要があります。これが私が家に帰るのは太陽が沈んだときだけである理由です。ほとんどの人は、未完了のタスクのために公式の勤務時間を過ぎて滞在した経験があるかもしれません。

家に居場所ません

がない新入社員は驚かれるかもしれが、多くの人は家に帰るよりもオフィスにいることを好みます。私は彼が家に居場所を持っているように感じていないことを共有したある同僚と話をしました。

彼は家族に悪いことをしたとは思わないと宣言しますが、家に帰るたびに、妻と子供たちは彼を障害物として扱い、しばしば理由もなく無視します。このため、彼はむしろオフィスにとどまりたいと思っています。

頻繁にオフィスに遅れる人は、次の日に割り当てられたタスクを実行します。結局、誰もが取り残されないように同じことをし始めました。

オフィス以外に滞在する場所

はない一部の人々は、仕事以外に他にやることはないと述べています。彼らは仕事を早く終えたとしても、彼らは彼らの余分な時間をどのように過ごすかについての計画を持っていません。 

その結果、彼らは仕事に囲まれたオフィスで自由な時間を過ごします。これらの人々の厄介なことは、彼らが彼らとの友情を築くために他の同僚を飲み物に招待することが多いということです。

いいアイデアですが、職場の外に友達の輪を広げたほうがいいと思います。これは、あなたの個人的な生活と仕事上の生活を分離するのに役立つだけでなく、仕事で問題が発生した場合に戻って逃げるための安全な場所を提供します。

誰もが最初職場を離れたくないというの

には、これが日本特有の文化だと思います。その日の仕事は完全に終わったものの、家に帰る人がいないため、時間を延長し続ける従業員もいます。

私の前の会社のほとんどの従業員は、仕事を進めるために休日や家族の時間を喜んで犠牲にするほど生産的すぎます。

これらのタイプの従業員は、仕事に多くの時間を費やすのではなく、楽しむための新しい趣味を見つけたり、新しいスキルを習得したりする方がよいでしょう。この慣行は理想的ではなく、長期的には従業員に害を及ぼすだけだと思います。