新入社員は会社を辞めたいなら将来のためにもできるだけ早く辞めたほうがいいかもしれない2つの理由

僕はよく『行動力があるよね〜』なんて友達からよく言われることがあり、それなりに行動力はある方だと思っています。

だから『会社を辞めたい!』と思った時には既に辞める方向に物事が進んでいて、『残る』という選択肢はほぼありませんでした。

しかし、それでも辞めるまでに3年もかかりました。

会社を辞めて、どうすればいいかわからなかった。

なぜ、辞めるまでに3年間もかかったのかというと、1番の理由は、辞めた後にどうすればいいかわからなかったからです。

というのも、会社を辞める経験ってしたことなかったし、そもそも、辞めた後にどうやって新しい仕事を見つけていいか、分からなかったというのが本音です。

今であれば転職の経験から、もし社会人1年目で会社を辞めるとしたら、新入社員1年目での転職に強い転職エージェントに相談するでしょう。例えばココ→http://www.daini-agent.jp/lp/ 

でもそれ経験した今だから、こういうサービスがあることをわかっているものの、会社に1年も働いていない奴が転職できるわけがないなんてことを当時は考えていました。

で転職してわかったことは、こんなことです。

勤続年数に差があればあるほど、人事にも差がある

同い年であったとしても同じ会社に3年働いているA君と僕ではA君は当然、僕よりも仕事ができる立場にいます。

というのもA君は上司にみっちり仕事を教えて貰って育っているので、かなり優秀です。

僕はというと、独学で学んだがゆえに、基本を補いつつの仕事となります。しかも、新しい会社に入ったら新しい会社のシステムに準じて仕事をしなければならないため、仕事を覚えるのも一苦労です。

同じ会社に同じタイミングで入れば、肩お並べているか、最低でも同等の仕事はできると自負しているけど、結果は勤務歴1年目と4年目というギャップを埋めるのは相当大変です。

こんなことであれば、もっと早く転職して、できるだけ差が広がらないうちに仕事をするべきだと思ったのでした。

もちろん、僕にもA君を抜くチャンスは有りますが、既にA君は社長からも目にかけられているため、僕の昇進は少し大変なものになるのは目に見えてわかっています。

むしろスタートは年下よりも下から

例えば、年齢的には僕の2つ下のK君。彼は入社2年目なのですが、この会社では僕よりも先輩、そして彼に仕事を教えてもらっています。

例えば、しまうファイルの場所を間違えては訂正されたり、仕事のミスもフォローして貰ったりします。

2歳年下ということは高校生で言う、高3と高1くらい差があるわけで、3年生が1年生に仕事を教えてもらっているという感じです。

これは結構メンタル的にキツイことがあったります(*´∀`*)

もちろん、会話は敬語じゃなければならないのですが、たまにタメ口になっているのも事実ですw

もちろん前の職場よりも待遇は120%良いので満足しているけれど…

3年前の僕にアドバイスするのであれば、『できるだけ早い段階で転職をするに越したことはない』と言うでしょう。

仕事は自分で覚えるのもそうですが、正しいやり方を教えてもらった方が100倍早いです。

水泳で言えば、北島康介選手だってコーチがいて正しい泳ぎ方、効果的な泳ぎ方を教わりながら泳いでいるわけです。

一般人である僕なら確実に正しい方へと導き出してくれる上司は不可欠です。

まとめ

と、だいたいできるだけ早く理想の職場に移るのであれば移った方がいいという話でした。

重要なポイントはできるだけ早く仕事を覚えられる環境に身をおくことだとは思います。

それから、新入社員1年目だとしても、第二新卒として就活、転職することは可能です。

その場合はできるだけ第二新卒の転職に強いところで相談しましょう→http://www.daini-agent.jp/lp/

色々考えることもあると思いますが、『会社を辞めたい』と思いながら仕事をするのはかなりきついです。僕自身、経験もあるから分かりますが。。。

であるなら、もっと働きたい!この会社の為に働きたい!、もしくはここなら自己実現ができそうというところに、早くから身をおいたほうがいいのではないかと思うのでした。