しゃちくブログ:仕事を辞めるべきですか?

しゃちくブログへようこそ!今日のエントリーは、採用された直後に仕事を辞めることを計画している人々に捧げられています。 

入社式が終わり、新入社員を温かく迎え入れたら、経営陣が研修を開始します。新入社員は興奮して希望を持っており、新たに始めて会社の内外を学ぶ準備ができています。 

それが彼らの最初の仕事なので、彼らは彼らが習得したい洞察とスキルについて多くの期待を持っています。上司からのプレッシャーにもかかわらず、彼らは起こりうる課題を克服できると信じています。 

ただし、これが常に当てはまるとは限りません。そんな中、すでに会社を辞めることを考えている人もいることは間違いありません。あなたがこれらの人々に似ているなら、あなたは疑問に思うかもしれません、「最初の年の間にすぐにやめても大丈夫ですか?」

初めての仕事を振り返ると、いつも辞任を考えていました。私の場合、入社1年目ではありませんでしたが、当時の自分の将来を考えると、いつも不安になりました。 

会社に長く滞在するほど不安になったので、転職を決意しました。 

プロセスに問題はありませんでしたが、もっと早く転職したいと思うこともありました。そうすれば、私はそれほどストレスにさらされていなかっただろう。新入社員の経験を生かして、入社1年目でも辞めても大丈夫だと思います。

別の仕事を見つけることを心配している場合、多くの企業は、仕事の経験がほとんどまたはまったくない若い従業員を受け入れます。 

なぜ何人かの人々はやめるのをためらうのですか?

私は多くの人と経験を共有してきましたが、そのほとんどが早く辞めなかったことを後悔しています。将来の起業に役立つ学習の機会を会社が提供してくれると約束してくれたので、低賃金にもかかわらず、私はできる限り長く滞在しました。

役立つ知識やライフスキルを身につけられることを願って、長時間労働と低賃金で苦しみました。 

少し安心するために、与えられた仕事を終わらせることに集中したいのですが、時間外になって、雑用のように感じ始めました。約3年間、疲れがたまるまで頑張らなければなりませんでした。 

辞任後は、仕事で得た知識の一部を活用することができましたが、今でもそれだけの価値があるのではないかと思っています。新しい仕事に就くと、もっといい職場環境が確かにあることに驚きました。

経営陣が、長期的には自分に役立つ多くのスキルを習得すると主張していても、自分の仕事に悪用されていると思われる場合は、会社を辞めるのが最善です。さらに、賃金がそれほど良くない場合は、あなたのスキルと能力に応じてあなたに支払う仕事を探すことを検討する必要があります。 

職場でのハラスメントと虐待 

搾取と低賃金の他に、人々に仕事を辞めるように促すもう1つの理由は、職場でのハラスメントです。企業の職場に男性社員が圧倒的に多く、男性への偏見を示しているケースが目立っています。

さらに、多くの女性従業員が、職場の男性の同僚によって開始された嫌がらせを報告しています。嫌がらせは、暴力、差別、いじめなどの言葉や行動によって明らかになる場合があります。 

これらのいずれかの被害者である場合は、できるだけ早く会社の人事部門にインシデントを報告することをお勧めします。これらの加害者に対して行動を起こすために、直接の犠牲者である必要はありません。職場で何らかのハラスメントを目撃した場合は、その問題に対処するために必要な措置を講じてください。 

会社が成長し、目標を達成するためには、従業員の調和と健全な関係が必要だと思います。楽しく魅力的な環境を持つことは、従業員のパフォーマンスだけでなく、彼らの感情的および精神的健康にも大きな影響を与えます。

このような状況に苦しんでいる人は、1年も会社にいなくても、躊躇せずに会社を辞めなければなりません。 

会社で立派な人々は

あなたが会社がいくつかの立派な従業員を持っていることを知っているので、あなたの仕事を終了するかどうかを決定する苦労していてもよいです。

その場合は、自分自身と自分が経験していることを優先することがより重要だと思います。他の従業員が同じ状況に苦しむことがないように、問題を上層部に提起する方法についてアドバイスや支援を求めることができます。 

会社の目標と原則

辞めることについて二度考えさせるかもしれない他の理由は、会社が支持する目標と原則です。会社にとどまるのと新しい仕事を探すのとの間で引き裂かれる人の中には、自分の方向性について混乱していても、会社の方向性と成功を信じていると言う人もいます。

従業員が倦怠感や疲労感のために会社に嫌悪感を覚えることがよくあります。しかし、彼らの原則と彼らが達成しようとしている目標に誇りを持っているなら、後悔しない賢明な決断を思いつくのに少し時間がかかるかもしれません。

ワークロードの量

ほとんどの場合、仕事に伴うワークロードの量のために会社を辞めることを余儀なくされる人もいます。タスクが非常に重く、従業員の能力を超えている場合があります。また、職務内容に記載されている職務と一致しない場合もあります。

一方、従業員は、毎日十分な仕事が与えられておらず、停滞して無能であるため、辞めることを検討しています。彼らの職務は十分に挑戦的ではないので、彼らは彼らが専門的に十分に成長していないように感じます。

辞表を提出する前に、あなたがしなければならない仕事と責任について、それらが多すぎるか不十分かに関わらず、会社と調整するようにしてください。このように、仕事を獲得するためのあなたの以前の努力は無駄になりません。 

可能な限り、最初に職場の問題を解決する方法を見つけてください。これらのいくつかは、関係者と適切にコミュニケーションをとることで解決できます。慎重に検討した後も競合が続く場合は、次のステップを決定することができます。 

これは、最近雇用されたばかりの人だけでなく、会社に長年在籍した後に同じ問題を経験しているすべての人にも当てはまります。 

社会的不備

以前に他の人とのコミュニケーションに苦労したことがある人は、コミュニケーションスキルを向上させるには練習と少しの勇気が必要であることに同意するでしょう。これは、その人の性格や育成によって異なります。 

これとは別に、さまざまな社会的状況の人々と仲良くするのが難しいと感じる人もいます。これは、これらの状況に身をさらし、快適ゾーンから抜け出すことで克服できます。また、適切なコミュニケーションを通じて他の人との関係を改善する方法について調査することもできます。

それでも苦労している方は、会社にとどまり、現在のスキルを磨き、新しいスキルを身につける機会として活用しておくと有利だと思います。

これを行うことにより、あなたはあなたの給料以外にあなたの努力から何かを得ることになるので、あなたはあなたの決定についてあまり矛盾を感じることはありません。

専門家の助け求める

を私は大学時代に多くの組織の社長を務めてきたので、入社してから3日後にすぐに辞めたいと思う人が何人いるかについて少し考えています。同様に、人々は倦怠感を感じ、立ち去るという考えに満ちているのが一般的です。 

ただし、大学の組織を運営することは、会社の一員であることとは大きく異なり、より複雑です。従業員の年齢差はさまざまであり、紛争時に共通点を見つけることがより困難になっています。

転職機関は、次のステップを理解するのに役立ちます。専門的な目標に向かって進む上でどのような決定が最善かわからない場合は、このような問題を専門とする機関に相談することができます。 

余波を考慮してください

すべての重要な決定はかなりの重みを持ち、同じように重い結果をもたらします。次のアクションを検討するときは、これらのアクションの影響も考慮すると役立ちます。 

経済的安定、自己啓発、専門能力開発のいずれであっても、仕事を辞めるという決定によってこれらの側面がどのように影響を受けるかを考えてください。