元社畜が転職成功して年収4倍にした転職エージェントを厳選して6サイト紹介

あ、初めにですが、このページは実際に転職サイトにエントリーしてもらうので、とても重要なのですが、少し時間がかかるのと、もしかしたら、戻ってくることができないかもしれません。そうなると、

おい!さっきのページどこにあるんじゃボケーーーー!

ということになってしまいますので、重要なあらかじめブックマークしていただけると幸いです。

では、本題に入ります!

こちらの転職成功の秘訣は逆算!誰でもデキる転職成功までの7ステップの記事では、できるだけ、転職サイトに登録したほうが、確率的には、自分の理想な職場を見つける確率が高くなるということを書きました。

確かに確率的には、多くの企業、求人情報を得たほうがいいのですが、必要のないサイトに登録(僕はぜんぶで20個くらい登録して面談しましたが…苦笑)、ただでさえ忙しいのに、そんなムダに登録するの効率を考えても無駄なので、今回は時間がない人のためにも、厳選した転職サイトを紹介したいと思います。

これだけ登録しておけば、まず大丈夫という転職エージェントのサイトなので、ぜひ時間短縮ように活用してみてください。

と、その前に、転職サイトに登録する前に情報の入力について注意点だけ述べておきます。優秀な転職エージェントと一緒に転職活動をするためにとても重要です。

転職サイトはあなたを売る場です。

転職サイトで注意するポイントはたったの1つです。

それは、優秀な転職エージェントが動きたくなるような魅力的な情報を入力する。

じゃあ、そのためには具体的に何をすればいいの?という話ですが、エントリーシートでしっかりとあなた自身を売り込むだけです。

具体的に説明すると

  1. 項目はすべて埋める
  2. 持っているスキル・強みは惜しみなく出す
  3. ネガティブなことは載せない
  4. 正直に書く

の4つです。

説明していくと

エントリーの項目はすべてしっかりと埋める

これは最低条件です。転職エージェントはあなたの入力情報を材料にして、どんな企業に合っているか、探します。

ただ、ここで情報が抜けていれば、判断材料が少なくなるので、転職エージェントとしても探しづらくなります。いちいち、手間の掛かりそうな仕事に優秀な転職エージェントは動いてくれません。

優秀な人と仕事をするには、あなた自身もそれにふさわしい対応をしなければなりません。

逆にしっかりと情報が詰まっているエントリーを見れば、色々な企業とのマッチングすることができるので、転職エージェントも動きやすくなります。

なので、しっかりとエントリーの項目はしっかりと埋めましょう。

持っているスキル・強みは惜しみなく出す

外資の企業で働いて、本当によく分かったのですが、みんな自身に満ち溢れています。

なんか、強っ!

って感じるわけですが、みんな少し背伸びをしています^^ あ、いい意味で背伸びをしているってことです。

『頑張ればできる!』という感じで仕事を引き受けています。だいたい、自分の脳力の1.1~1.2倍くらいな感じですかね^^;

どういうことかというと、自分の持っているスキル、強み、知識を全面的に出してきます。

でも、これが良かったりします。そういう人が仕事を持って行くからです。

エントリーシートも同じで自分の持っているスキルや強み、知識を全面的に出していきましょう。

「ん〜〜これは、載せるほどものではない…」

「これは職種に関係ない…」

なんて弱気にならずに、全部とりあえず、書いてください。

今、勉強中の資格やスキルについても、しっかり書きましょう

文面は全てポジティブに!

これは直接、転職エージェントから聞いた話のなのですが、自身のない人に程よくあるのですが、前職を辞めた理由を長々と書いている人がいるそうです^^

なにかもうそれは、愚痴のようになっていて、この人には絶対に絡みたくない…というのが文章から伝わってくるそうです、笑

正直に書く

『正直に書く』というのは2つの意味でとても重要です。

1つ目はあなたの理想な転職先を見つけるために重要です。例えば、これは少し極端な話ですが、本心では『月収で最低50万は欲しい…』と思っているにもかかわらず、

多くの求人を集めたいがゆえに『給料はあまり気にしてません』と、書いてしまうと、『最低50万円の月収』は絶対にありつけませんよね。

『最低月収50万』であるのであればしっかりと正直に書きましょう。無理なようであれば、転職エージェントと修正していけるので大丈夫です。

2つ目は、担当になってくれる転職エージェントにとても迷惑がかかるからです。このエントリーシート、書いてあることと全く違う!となってしまえば転職エージェントの方も仕事がしづらくなってしまいます。

しっかりと仕事をしてもらうには、仕事をし易いように正直に書くことが重要です。

転職エージェントの方も、仕事であるため、簡単につなげる案件や仕事のやりやすそうな案件を選んでいます。

だから、しっかりと

  1. 項目はすべて埋める
  2. 持っているスキル・強みは惜しみなく出す
  3. ネガティブなことは載せない
  4. 正直に書く

この4つのルールを守ってエントリーシートを記入しましょう。

それでは、長くなりましたが、ここからが本番です。

それでは、厳選して転職サイトを紹介していきます。一緒にエントリーページも載せておくので、一気に登録してしまいましょう。

type転職エージェント(関東のみ)

僕の就活エリアは都内だったので、都内の転職に強いとい評判だったtype転職エージェントに最初登録しました。業界は元々ITだったのですが、幅を広げて見たいという思いもありました。

僕の担当をしていただいたエージェントはIT業界にも明るく、深い理解をもって話をすすめることができました。(全体的なエージェントの質が高いとも評判のようです)

それから、転職サイトの大手なので、リソースがふんだんにある感じもいいです。サポートが手厚く受けられるのも大きな会社だからかなと思います。

都内近辺での就職を希望しているのであれば、絶対に登録しておきたいサイトです。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントのメリットもtype転職エージェントと同じで手厚いサポートが充実しています。

type転職エージェントとの違いといえば、勤務地に関東のみという縛りがないことでしょう。

転職を機に場所を変えるのも楽しそうだと思い、エントリーしました。

結果、やっぱり大阪、名古屋、そして、北海道、沖縄など、独身の僕としてはなんだか胸が踊るような場所もたくさんあり、転職をする気持ちが一気に強くなりました。

パソナキャリア

パソナはIT系への転職にも強いと知り合いに聞いたので登録してみました。

パソナも80%の非公開求人を抱えているというのがとても魅力的で、求人数も21,000件と多も多いです。

噂に聞いていたとおり、他の転職サイトではないような求人もあるので、楽しんで見てください(*´艸`*)

マイナビエージェント

大学の就活を一切しなかった僕ですが、マイナビという名前だけは知っており、大手だからということで登録しました。

やはり、ポイントは求人数の量ですかね。小さい転職サイトだと載っていないような案件がたくさんあります。

80%以上はマイナビの独占求人らしいので、これを見てみたいということで登録しました。結果、良い案件もけっこう合って納得です。

あ、僕の時は、転職エージェントの方と少しそりが合わなかったので、カスタマーサポートでエージェントの交代をお願いしました(*´艸`*)

交代を求める時は本人ではなく、カスタマーサポートに連絡しましょうね^^

Doda(デューダ)

知名度が高い割に転職エージェントのクオリティーがそんなに高くないという評判を聞いていたので正直期待はしていませんでした。

だからか、そこまでエージェントの質が悪いとは感じませんでした(笑)

ただ、明らかにtype転職エージェントやアイデムスマートエージェントとの差は明らかですね^^;

でも、なぜDodaを選んだかというと、リクルートと同じくらい大手のインテリジェンスという会社が運営しているから。

申し込んだポイントはやはり、求人企業の量です。へんな話、サポートは他で鍛えて、転職先はDodaという使い分けもできるのかな〜と。

大手だけ合ってサイトも使いやすいです。

JACリクルートメント

JACは転職エージェント専門の会社ということで期待して申し込みました。最王手のリクルートは元々広告業界だったりと、他の会社は色々な会社にぶんぎょうされているものの、JACリクルートリクルートは転職エージェント1本でやっているという、その心意気からエントリーしました。

結果、やはり、プロでした\(^o^)/

企業数じたいは、多くはないのですが、ここの転職エージェントに一度面談をしてもらうというだけでも十分に価値があります。

T企業に転職したい人はこちらも

おまけ、僕はIT系なので、こちらも登録しました。とてもオススメなので、IT業界の方にはこちらも紹介しいています。

ワークポート

web業界、特にゲーム業界の案件が多く、IT業界の人は登録必須です。IT業界の人間が多いのでレスポンスが早くストレスも感じづらいでしょう。

IT系の案件が多く、エージェントもしっかりと内部の情報まで引き出してヒアリングをしていることにビックリしました(笑)

ブラックじゃないIT企業に努めたい人は、ここの転職エージェントに相談すると良いでしょう。

Switch.【facebook必須】

フェイスブックをしている人には、とても便利かもしれません。そして、できるだけ人に会いたくないという人にも便利な転職エージェントです。

もちろん、職業はwebに特化した求人が多いです。

必要になればこちらからアポお取れるというのが便利です。

未だにフェイスブックしている間にどんな仕事があるのかみてしまいます。

おまけ

ビズリーチ

管理職をやったことある人まず、紹介たいのがこのリズビーチです。なぜかというと使いやすいから。

そして、転職エージェントから沢山のスカウトが来るので、テンションがメチャクチャ上がります!

「あ、自分の市場価値ってここまであるのか…」

と転職に希望を沸かすことができます。

本来は年収750万円がベースの人たちへのサイトなのですが、普通に年収400万円代であっても登録して使うことができます。

スカウトされる気分を味わって、転職のモチベーションを上げていきましょう♪

以上、長くなりましたが、転職サイトに入力するときの注意点と、僕が使用して役になったと思える、転職エージェントでした。

1つのサイトに絞ると他社比較ができなかったり、なにより、自分にあった仕事がない…ということになってしまうので、5、6サイト程は登録しておくと、短い時間でもスムーズに転職ができるようになると思います。