いつ仕事を辞めるかを知るための4つの兆候仕事

誰もが、留まるか辞任するかを疑問視し始める段階を経。あなたがあなたの雇用に疑問を呈し始めることができる多くの理由があります、そして一般的な理由は燃え尽き症候群、有毒な職場環境、過度の仕事量などです。しかし、一部の人々はこの考えを打ち破り、固執します。

では、新しい作業環境に適応しているだけなのか、それとも自分に合わないのかをどうやって知るのでしょうか。したがって、仕事を辞める時期を知る方法を知りたい場合は、Shachikuブログに以下の4つのサインをリストし

  1. ます。スキルのスキルの

活用不足活用不足は、何よりも多くのことを行わないため、より快適な場合があります。あなたは実際にできます。しかし、それについてのことは、あなたのスキルの成長に関しては、これが不利になる可能性があるということです。自分で運動したり挑戦したりしないと、停滞する可能性があります。これは、会社よりもあなたに害を及ぼす可能性があるため、あなたが去るべき兆候です。より多くのことをする機会を拒否されることは、自己満足や欲求不満の感情につながる可能性があります。

  1. 有毒な職場環境

人々が仕事を辞めることを決定する一般的な理由の1つは、有毒な職場環境のためです。不健康な環境の周りにいることは、あなたの仕事の質に影響を与えるだけでなく、あなたの幸せにも影響を及ぼします。有毒な環境にいることに気付いた場合、対処するための優れたヒントは、仕事と私生活を分離することです。そうすれば、受け入れられたり、友だちになったり、感謝されたりする必要さえ感じなくなります。しかし、これがあなたの精神的健康に悪影響を及ぼしているものであるならば、多分それはあなたが行く時間です。

  1. 成長の機会

がないほとんどの人は、すぐに昇進したり、より良い支店に異動したり、毎年増加するように最善を尽くしています。しかし、一部の企業は成長の機会を提供していません。これは潜在的にあなたを停滞させ続け、新しいスキルを獲得しない可能性があります。あなたがこの位置にいるのなら、多分それはあなたがやめるためのしるしです。これにより、履歴書に追加するものがそれほど多くないため、他の企業への申請がより困難になる可能性があります。

  1. あなたは仕事に行くことを恐れてい

ますあなたは週に5回、1日約8時間働いています、そしてあなたがそれを毎分恐れているなら、これは兆候かもしれません。仕事は普段は熱心に取り組むことではありませんが、毎回恐れることはメンタルヘルスや仕事の質に影響を与える可能性があります。新しい職場環境に適応しているだけかどうかを知るためのヒントとしてみ 、滞在をさらに1か月延長しててください。それでも同じように感じる場合は、2週間前に通知を送信できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。