Shachikuブログ:転職機関トップ6予定

成功させる秘訣は、詳細な計画と慎重な実行です。このブログエントリでは、あなたがあなたの理想的な職場を見つけるのを助ける最高のウェブサイトとエージェンシーをリストするつもりです。

Job Explorer Agency

これは、東京周辺で適切な仕事を見つけるためのガイドとなる便利な代理店です。現在の仕事に満足していない以前のクライアントから多くの肯定的なレビューを受けています。

私を担当したエージェントは、私の専門分野であるIT業界に精通していました。このため、現在業界で採用している企業を探すのに問題はありませんでした。 

これは大企業であるため、クライアントが必要とするあらゆる種類のサポートとサービスを提供するのに十分なエージェントがいることを確認します。東京での仕事を探しているなら、この代理店はあなたのプロセスに大いに役立ちます。

AIDEMスマートエージェント

このエージェンシーは、ジョブエクスプローラーエージェンシーと同様のサービスを提供していますが、日本の特定の地域に焦点を当てていません。大阪、名古屋、沖縄、北海道、その他の地域で仕事をしたい場合は、AIDEMスマートエージェントがお手伝いします。

それはあなたの転職プロセスにおいて適切な技術的かつ実質的なサポートを提供し、そのスタッフは対応しています。 

Pasona Career

私は、仕事を見つけるのに助けが必要な友人を通してこの代理店について知りました。同社のウェブサイトには、彼らが受け取った求人は21,000件にも上ると記載されています。この代理店は、政府機関であろうと民間企業であろうと、あなたが就職するのを手伝うことができます。

調査を行ってさまざまな代理店を比較したところ、PasonaCareerは他の転職サイトや代理店にはない仕事を提供していることがわかりました。 IT業界の人々を支援する上で肯定的なフィードバックを受け取っているので、私もこの代理店に参加しました。 

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、最初の仕事を探している新卒者を支援する大手企業です。私は卒業後すぐにこの代理店に登録し、大成功を収めた民間企業に就職することができました。

この機関は民間部門で多くのパートナーシップを持っているので、あなたは彼らのサービスに頼ることができます。あなたが競争している他の卒業生の数にもかかわらず、あなたは良い仕事を見つけるのにまったく苦労することはありません。

ドーダエージェンシー

ドーダエージェンシーのウェブサイトはナビゲートしやすいので、探しているものを見つけるのに苦労することはありません。ニーズに固有の結果を取得できるフィルター設定を利用できます。

JAC Recruitment

これは、私が見つけた中で最も専門的な求人機関の1つです。彼らのウェブサイトはユーザーフレンドリーであり、会社のエージェントはあなたがふさわしい最高の仕事を得るのを手伝う準備ができています。

カテゴリー Blog

Shachikuブログ:仕事の後のストレスを和らげる方法ストレスを与え

毎日仕事を続けると、どんな従業員も同意するでしょう。疲れすぎて続けられない時があります。燃え尽き症候群の兆候に気づき始め、ほとんどの場合、やる気がなく非生産的だと感じます。あなたは生計を立てなければならないので、あなたはこれらの苦しみに対処するのを助ける方法を見つけるしかないのです。

入社1年目は、たくさんの雑用をする方法、会社のシステムがどのように機能するか、そして重い仕事量にどう対処するかを覚えていなければなりませんでした。

他の人も同じように感じていると思いますので、職場や自宅で感じるメランコリックな気分を和らげるために私がしていることをこのブログで共有したいと思います。

勤務時間の終わりに

自分に報いる個人的および専門的な問題に関して自分自身を向上させるために努力するとき、最も重要なことはその日を生き残ることです。次の数日、数週間、または数ヶ月の間にあなたの人生に何が起こるかについて考えないようにしてください。すべてに圧倒されないように、一度に1日ずつ生活してください。

当分の間、あなたが直面しなければならない困難にもかかわらず、仕事で別の日を生き延びたことに対してあなた自身に報酬を与えてください。一日の終わりに気分が良くなるような活動であれ、物であれ、何かを探してください。

週末は趣味を楽しんでください、週末

平日は疲れているのではずっと寝たいと思います。ただし、数時間外に出た方が健康的です。

友達と遊んだり、さまざまなレストランで外​​食したりするのが好きな場合は、週末に友達と会う計画を立ててください。また、新しい趣味を見つけたり、自分自身に自信を持って気分を良くする新しいスキルを学ぶこともできます。

睡眠のほとんどを過ごすことはストレスを和らげ、エネルギーを取り戻すための良い方法ですが、あなたがするのが好きなさまざまな活動を探求することも同様に満足です。こうすれば、週末に楽しみなことがあるでしょう。

私は、壊れた時計や時計を修理するのが好きです。それは私がストレスを感じすぎるときはいつでも私の心をクリアにして落ち着くのに役立ちます。 

可能な限りする

運動定期的な運動はあなたの心をリフレッシュし、あなたの考えを整理するのに役立ちます。また、職場での問題を忘れて、代わりに現在の活動に集中することができます。あなたがストレスに対処するのを助けることは別として、それはあなたの健康を改善します。 

複雑な運動ルーチンをすぐに掘り下げる必要はありません。毎朝、音楽を聴いたり、自転車に乗ったり、ジョギングをしたりしながら、公園を散歩することから始めることができます。

カテゴリー Blog

しゃちくブログ:従業員としての1年目

社畜ブログへようこそ!あなたの最初の仕事はあなたにストレスを与えていますか?このブログエントリは、同じ問題に苦しんでいる他のすべての初めての従業員の間で慰めを見つけるのに役立ちます。

学生から社員への移行は、ライフスタイルが全く違うため難しい。あなたが会社に受け入れられると、物事があなたが期待した通りではなかったことに驚くでしょう。 

多くの大学生は、年をとるまで一生懸命頑張る方法を嘆き、簡単に成功につながることを期待していました。しかし、入社すると突然迷子になり、疲れ果ててしまいました。

あなたがこれらの人々の一人であるならば、私はあなたがこの闘争の中で一人ではないことをあなたに知らせたいと思います。私は最初の仕事をしたときに同じことを経験しました。

私は肉体的、精神的、感情的な面を含む多くの面でしばしば疲れていました。仕事でやったことは、人生でやったことよりも指数関数的に大きかったのに、十分にやっていないように感じました。

友達に慰めを求めて、初めての仕事の経験を聞いてみると、同じ苦労がありました。会社のことを考えてもストレスがたまると言う人もいれば、職場でもう1日過ごすという考えに不自由を感じる人もいます。 

入社当初、社会の厳しさや、多くの職場での激しい競争を知りました。

まだ学生だった頃を振り返ると、いつもすぐに卒業して働きたいと思っていたのが面白そうです。私は大人になることで私がより良い人になるという考えを植え付けられました。また、仕事をしている人は、なんとなく自由で幸せな生活を送っているという印象を受けました。 

仕事を始めると、大人になることを考えていたすべてのことが間違っていることに気づきました。私が一人になった今、この人生は大学生よりも困難でストレスの多い生活だと言えます。 

以前とは異なり、私は今、自分のすべての問題を自分で運び、自分の弱点をあまり多くせずに解決することが期待されています。ほとんどの大人はほとんどの大学生と同じように混乱して疲れているので、これは公平ではないと思います。 

あなたが最終的に卒業したからといって、必ずしもあなたの人生が完全に変わり、あなたが非常に良い人であるという意味ではありません。私の経験から、そして私の友人の経験から、ほとんどの大人は彼らの最高からは程遠いです。ほとんどの場合、彼らは疲れ果てて疲れ果てており、改善を目指すことはできません。 

現在雇用されている友人や知人に会うたびに、ストレスを感じたり、働きすぎで疲れたりすることへの不満を表明することになります。あなたもこのように感じるなら、あなたのストレスを軽減する方法を見つけるのが最善です。

対処、ストレス

ストレスへの専門家はを良いストレスと悪いストレスの2つのカテゴリーに分類しています。

良いストレスは、ジェットコースターに乗ったり、デートをしたりすることで得られるような、人生の興奮を満喫することができます。それはあなたを幸せで生きていると感じさせ、あなたを健康に保つのに貢献します。

プレッシャーと期待は、最小限に抑えられている限り、優れたストレッサーとして分類することもできます。あなたがこれらの多くを受け取っていると感じるならば、あなたは多くの悪いストレスにさらされているかもしれません。これらに長時間さらされると、全体的な健康に悪影響を与える可能性があります。

あなたができる限り、あなたにストレスを与えるこれらのことを克服するようにしてください。健康に害を及ぼすことなく、これらに適切に対処するのに役立つ方法を探してください。しかし、あなたがすべての手段を使い果たして、あなたの会社が否定的な感情を呼び起こし続けるならば、どこか他の場所であなたの成功を見つけることが最善かもしれません。

私は数年前に同じことを経験しました。その影響が私の体に現れ始めたという多くのストレスにさらされていました。私は頻繁に病気になり、私の体は極度の倦怠感に苦しんでいました。

体調への悪影響は別として、友人や家族から仕事を辞めるように言われたことで、精神的、精神的にもダメージを受けました。自分にそれ以上のダメージを与えたくなかったので、ようやく立ち去ることにしました。 

時間外は当たり前の

労働ことです。時間外労働は、仕事の優先順位付けと時間管理のスキルを向上させることで専門家としての成長に貢献すると信じているため、報酬を受け取らずに残業しても問題ない人もいます。ただし、これは従業員としてのあなたにとって不公平であることに注意してください。

会社はあなたの余暇と健康を犠牲にしてこれから最も利益を得る会社です。これが続くと、あなたが感じるストレスと疲労感は、上司に向けられた欲求不満や憎しみにさえ変わります。

あなたは長い間会社にいなかったので、あなたの義務と責任は、より高い職位に比べてそれほど影響を残しません。会社はあなたなしでは機能を停止しないので、あなたはあなたの辞任の結果についてあまり心配する必要はありません。

しかし、私はあなたが良いメモで会社と別れることを強くお勧めします。あなたと経営陣の間に既存の対立がないことを確認してください。さらに重要なことは、あなたの決定があなたが割り当てられている部門や同僚に負担をかけないように、会社を辞める前にあなたに割り当てられたタスクを完了することが最善です。

十分な睡眠をとる

最初の仕事を始めたばかりの人々は、1日に少なくとも5時間の睡眠を確保できないことを嘆いています。多くの研究によると、継続的な睡眠不足は、特に若年成人において、うつ病のリスクを高めます。 

うつ病やその他の精神的健康問題に苦しむ可能性が高い状況に身を置くことは、あなたの全体的な健康に有害である可能性があります。

可能な限り、あなたの健康は常にあなたの最優先事項でなければなりません。あなたが仕事のために病気になった場合、あなたはあなたの医療費を含むすべての結果を負担する人になります。 

会社は第二の故郷になりました

多くの場合、人々はめったに家に帰らない程度に会社で昼夜を過ごします。私が働いていた最後の会社は、いくつかの部門にいくつかの服をオフィスに持ってきて、プロジェクトの進行中にそこで夜を過ごすことを要求しました。

また、睡眠不足のために勤務時間中に眠りにつく従業員もいます。これに苦しんでいる多くの人が会社を辞めるという私の決断に貢献したことを私は知っています。

上司からの不快な扱い

多くの従業員は、絶え間ない虐待、厳しい言葉、さらには上司からの暴力に苦しんでいます。その場合は、関係者、特に会社の人事部に提起することをお勧めします。

ほとんどの場合、治療を受けているのはあなただけではありません。一部の従業員は同じ状況に苦しんでいる可能性がありますが、発言することを恐れています。

私は以前の雇用でも同じことを経験しました。私たちのチームが犯した小さな間違いに上司はいつも腹を立てていました。彼はまた、しばしば暴力に訴え、会議室の周りに物を投げつけました。さらに、彼は冒とく的な言葉の無限の文字列を使用し、私たちに名前を呼びました。

このため、多くの従業員は、タスクの実行において自分のスキルと能力を示すのに苦労しました。結局、私の同僚と私は、過酷な扱いが会社での滞在中に私たちにもたらした損害について専門家の助けを求めなければなりませんでした。 

また、何年にもわたって絶えず批判されてきた後、自分の能力に対する自信を取り戻すのにも時間がかかりました。  

自分自身を優先て

する困難を乗り越え頑張ることは、直面する可能性のある困難な課題にもかかわらず、目標を達成することを決意していることを示す称賛に値する特性です。ただし、自分自身に良いよりも多くのダメージを与えているときに、いつ停止するかを知っておくことが重要です。

最終的には状況が良くなると信じていても、人生を悲惨なものにするだけの同じことを経験しているのであれば、やめるのが最善でしょう。あなたの健康を損なうことなくあなたが専門家の成長と成功を達成するのを助ける多くの会社と機関があります。

ただし、会社が従業員のフィードバックを受け入れ、必要な変更をすべての人の利益に適用する用意がある場合は、もう少し長く滞在する価値があるかもしれません。

仕事を続けることに意欲がありすぎる場合は、少し休んで、決断の背後にある理由と、個人的および専門的に向上するための目標を思い出してください。

カテゴリー Blog

しゃちくブログ:仕事を辞めるべきですか?

しゃちくブログへようこそ!今日のエントリーは、採用された直後に仕事を辞めることを計画している人々に捧げられています。 

入社式が終わり、新入社員を温かく迎え入れたら、経営陣が研修を開始します。新入社員は興奮して希望を持っており、新たに始めて会社の内外を学ぶ準備ができています。 

それが彼らの最初の仕事なので、彼らは彼らが習得したい洞察とスキルについて多くの期待を持っています。上司からのプレッシャーにもかかわらず、彼らは起こりうる課題を克服できると信じています。 

ただし、これが常に当てはまるとは限りません。そんな中、すでに会社を辞めることを考えている人もいることは間違いありません。あなたがこれらの人々に似ているなら、あなたは疑問に思うかもしれません、「最初の年の間にすぐにやめても大丈夫ですか?」

初めての仕事を振り返ると、いつも辞任を考えていました。私の場合、入社1年目ではありませんでしたが、当時の自分の将来を考えると、いつも不安になりました。 

会社に長く滞在するほど不安になったので、転職を決意しました。 

プロセスに問題はありませんでしたが、もっと早く転職したいと思うこともありました。そうすれば、私はそれほどストレスにさらされていなかっただろう。新入社員の経験を生かして、入社1年目でも辞めても大丈夫だと思います。

別の仕事を見つけることを心配している場合、多くの企業は、仕事の経験がほとんどまたはまったくない若い従業員を受け入れます。 

なぜ何人かの人々はやめるのをためらうのですか?

私は多くの人と経験を共有してきましたが、そのほとんどが早く辞めなかったことを後悔しています。将来の起業に役立つ学習の機会を会社が提供してくれると約束してくれたので、低賃金にもかかわらず、私はできる限り長く滞在しました。

役立つ知識やライフスキルを身につけられることを願って、長時間労働と低賃金で苦しみました。 

少し安心するために、与えられた仕事を終わらせることに集中したいのですが、時間外になって、雑用のように感じ始めました。約3年間、疲れがたまるまで頑張らなければなりませんでした。 

辞任後は、仕事で得た知識の一部を活用することができましたが、今でもそれだけの価値があるのではないかと思っています。新しい仕事に就くと、もっといい職場環境が確かにあることに驚きました。

経営陣が、長期的には自分に役立つ多くのスキルを習得すると主張していても、自分の仕事に悪用されていると思われる場合は、会社を辞めるのが最善です。さらに、賃金がそれほど良くない場合は、あなたのスキルと能力に応じてあなたに支払う仕事を探すことを検討する必要があります。 

職場でのハラスメントと虐待 

搾取と低賃金の他に、人々に仕事を辞めるように促すもう1つの理由は、職場でのハラスメントです。企業の職場に男性社員が圧倒的に多く、男性への偏見を示しているケースが目立っています。

さらに、多くの女性従業員が、職場の男性の同僚によって開始された嫌がらせを報告しています。嫌がらせは、暴力、差別、いじめなどの言葉や行動によって明らかになる場合があります。 

これらのいずれかの被害者である場合は、できるだけ早く会社の人事部門にインシデントを報告することをお勧めします。これらの加害者に対して行動を起こすために、直接の犠牲者である必要はありません。職場で何らかのハラスメントを目撃した場合は、その問題に対処するために必要な措置を講じてください。 

会社が成長し、目標を達成するためには、従業員の調和と健全な関係が必要だと思います。楽しく魅力的な環境を持つことは、従業員のパフォーマンスだけでなく、彼らの感情的および精神的健康にも大きな影響を与えます。

このような状況に苦しんでいる人は、1年も会社にいなくても、躊躇せずに会社を辞めなければなりません。 

会社で立派な人々は

あなたが会社がいくつかの立派な従業員を持っていることを知っているので、あなたの仕事を終了するかどうかを決定する苦労していてもよいです。

その場合は、自分自身と自分が経験していることを優先することがより重要だと思います。他の従業員が同じ状況に苦しむことがないように、問題を上層部に提起する方法についてアドバイスや支援を求めることができます。 

会社の目標と原則

辞めることについて二度考えさせるかもしれない他の理由は、会社が支持する目標と原則です。会社にとどまるのと新しい仕事を探すのとの間で引き裂かれる人の中には、自分の方向性について混乱していても、会社の方向性と成功を信じていると言う人もいます。

従業員が倦怠感や疲労感のために会社に嫌悪感を覚えることがよくあります。しかし、彼らの原則と彼らが達成しようとしている目標に誇りを持っているなら、後悔しない賢明な決断を思いつくのに少し時間がかかるかもしれません。

ワークロードの量

ほとんどの場合、仕事に伴うワークロードの量のために会社を辞めることを余儀なくされる人もいます。タスクが非常に重く、従業員の能力を超えている場合があります。また、職務内容に記載されている職務と一致しない場合もあります。

一方、従業員は、毎日十分な仕事が与えられておらず、停滞して無能であるため、辞めることを検討しています。彼らの職務は十分に挑戦的ではないので、彼らは彼らが専門的に十分に成長していないように感じます。

辞表を提出する前に、あなたがしなければならない仕事と責任について、それらが多すぎるか不十分かに関わらず、会社と調整するようにしてください。このように、仕事を獲得するためのあなたの以前の努力は無駄になりません。 

可能な限り、最初に職場の問題を解決する方法を見つけてください。これらのいくつかは、関係者と適切にコミュニケーションをとることで解決できます。慎重に検討した後も競合が続く場合は、次のステップを決定することができます。 

これは、最近雇用されたばかりの人だけでなく、会社に長年在籍した後に同じ問題を経験しているすべての人にも当てはまります。 

社会的不備

以前に他の人とのコミュニケーションに苦労したことがある人は、コミュニケーションスキルを向上させるには練習と少しの勇気が必要であることに同意するでしょう。これは、その人の性格や育成によって異なります。 

これとは別に、さまざまな社会的状況の人々と仲良くするのが難しいと感じる人もいます。これは、これらの状況に身をさらし、快適ゾーンから抜け出すことで克服できます。また、適切なコミュニケーションを通じて他の人との関係を改善する方法について調査することもできます。

それでも苦労している方は、会社にとどまり、現在のスキルを磨き、新しいスキルを身につける機会として活用しておくと有利だと思います。

これを行うことにより、あなたはあなたの給料以外にあなたの努力から何かを得ることになるので、あなたはあなたの決定についてあまり矛盾を感じることはありません。

専門家の助け求める

を私は大学時代に多くの組織の社長を務めてきたので、入社してから3日後にすぐに辞めたいと思う人が何人いるかについて少し考えています。同様に、人々は倦怠感を感じ、立ち去るという考えに満ちているのが一般的です。 

ただし、大学の組織を運営することは、会社の一員であることとは大きく異なり、より複雑です。従業員の年齢差はさまざまであり、紛争時に共通点を見つけることがより困難になっています。

転職機関は、次のステップを理解するのに役立ちます。専門的な目標に向かって進む上でどのような決定が最善かわからない場合は、このような問題を専門とする機関に相談することができます。 

余波を考慮してください

すべての重要な決定はかなりの重みを持ち、同じように重い結果をもたらします。次のアクションを検討するときは、これらのアクションの影響も考慮すると役立ちます。 

経済的安定、自己啓発、専門能力開発のいずれであっても、仕事を辞めるという決定によってこれらの側面がどのように影響を受けるかを考えてください。

カテゴリー Blog

Shachikuブログ:なぜ従業員は残業することが多いのですか

Shachikuブログへようこそ!今日のトピックは、さまざまなソーシャルメディアで出回っている質問に触発されました。 

数年働いている人からもわかるように、余暇のほとんどをオフィスで過ごすことがよくあります。多くの従業員が夜遅くまで仕事を続けることが多い理由について書きます。

未完の仕事のマウント 

主な前提は、あなたの仕事を終えた場合、あなたは時間に家に行くことができるということです。それ以外の場合は、完了するまで滞在する必要があります。これが私が家に帰るのは太陽が沈んだときだけである理由です。ほとんどの人は、未完了のタスクのために公式の勤務時間を過ぎて滞在した経験があるかもしれません。

家に居場所ません

がない新入社員は驚かれるかもしれが、多くの人は家に帰るよりもオフィスにいることを好みます。私は彼が家に居場所を持っているように感じていないことを共有したある同僚と話をしました。

彼は家族に悪いことをしたとは思わないと宣言しますが、家に帰るたびに、妻と子供たちは彼を障害物として扱い、しばしば理由もなく無視します。このため、彼はむしろオフィスにとどまりたいと思っています。

頻繁にオフィスに遅れる人は、次の日に割り当てられたタスクを実行します。結局、誰もが取り残されないように同じことをし始めました。

オフィス以外に滞在する場所

はない一部の人々は、仕事以外に他にやることはないと述べています。彼らは仕事を早く終えたとしても、彼らは彼らの余分な時間をどのように過ごすかについての計画を持っていません。 

その結果、彼らは仕事に囲まれたオフィスで自由な時間を過ごします。これらの人々の厄介なことは、彼らが彼らとの友情を築くために他の同僚を飲み物に招待することが多いということです。

いいアイデアですが、職場の外に友達の輪を広げたほうがいいと思います。これは、あなたの個人的な生活と仕事上の生活を分離するのに役立つだけでなく、仕事で問題が発生した場合に戻って逃げるための安全な場所を提供します。

誰もが最初職場を離れたくないというの

には、これが日本特有の文化だと思います。その日の仕事は完全に終わったものの、家に帰る人がいないため、時間を延長し続ける従業員もいます。

私の前の会社のほとんどの従業員は、仕事を進めるために休日や家族の時間を喜んで犠牲にするほど生産的すぎます。

これらのタイプの従業員は、仕事に多くの時間を費やすのではなく、楽しむための新しい趣味を見つけたり、新しいスキルを習得したりする方がよいでしょう。この慣行は理想的ではなく、長期的には従業員に害を及ぼすだけだと思います。

カテゴリー Blog

新入社員が入社1年目で退職/転職するのはアリだと思うけど

入社式が終わり、これから多くの企業では新入社員研修が行われていることでしょう。

多くの仲間に囲まれ、会社のスピリッツを叩きこまれ、そして即戦力となれるように、期待とプレッシャーを背負って頑張っているのではないかと思います。

そんな中、早くも『会社を辞めたい…』と思っている人がいるということも間違いないでしょう。そして、この入社して1年間に、何度も辞めたいと思うことも多いと思います。

「1年目で転職してしまっても大丈夫なのだろうか…」

僕の場合、1年目ではなかったけれど、自分の未来を考えると色々な不安もあるけれど、この会社にいたほうが不安だという思いが勝り、転職しました。

で、結果、転職が成功するのですが、僕自身もっと早く転職すればよかったと思うこともあるので、入社1年目であろうと転職をするのはアリだと思っています。

例えばこういう、新入社員や若手社員を得意とした転職エージェントもあるのです。

こことかとくに新入社員や若手社員の転職に特化していて有能です→http://www.daini-agent.jp/lp/

転職するのは”アリ”だと思う理由

けっこう色々な人と話していて共感することがあるのですが『もっと早く転職してりゃよかった…』って話です。

僕の場合もそうなんですが、『起業できるように仕事を教えてあげるから、低賃金で働いてくれ』という条件で働きました。

で現実は、

  • 極度の低賃金
  • 極度の長時間労働
  • 仕事は教えてもらうんじゃなくて考える
  • 特に教えて貰ったという記憶はない

という感じでした。

僕自身、与えられた仕事は何でもこなそうと思っていたのですが、明らかに使われ方が単なる雑務。2,年くらいはこれも仕事を教えてもらうため、と割り切っていたのですが、新しい人が入ってきても雑務が降ってくるのは自分だけ…

もちろん、退職した後も色々なことを勉強できて『よかった』と思って入るのですが、もっと良い環境は確実が存在していたことにショックを受けました。

何だったんだ、この3年間は…と

自分を安売りした結果、上手く使われたな〜と思うところです。

で、「給料は低いけど勉強できることは沢山有るよ!」なんて会社は辞めてもいいと思います。

普通の給料でしっかり勉強させてくれるところが普通の会社です。

むしろ、会社も勉強して欲しいと思っているし、仕事を早く覚えて欲しいと思っているので勉強させてくれます。

給料は安いけど…と言っている会社なら、僕は1年目だろうが辞めて、それなりの待遇のある会社に転職してもいいんじゃないかと思っています。

ハラスメントが常習化している会社

これは男性が圧倒的に多い会社、もしくは女性だけの会社で多いようですね。

嫌がらせや罵声などが常習化してしまっている会社は危険だと思います。

多分、最初に入社していた人はみんな、”いい人”だったと思うんですよね。

でも、会社で生きていくには会社に染まらないといきていけないというのもあると思います。

そんな会社、即刻辞めてあげましょう。

会社を辞めるタイミングは考える必要もあるかもしれませんが、この上の2つの場合は即効で転職した方がいいのではないかと思います。

ただ、転職をすべきではない!と思う人達もいますよね。

確かに今務めている会社を辞めて、新しい職場につくという選択肢はありだと思います。

ただそれは、『転職したほうが良い』と言っているわけではないことを理解してください。

転職しないほうがいい人や転職を無駄な人もいるということも知っておいてください。

まず、僕の経験から転職をしない方がいいんじゃないかと思うタイプの人を上げていこうと思います。

社畜をしていた頃の会社は人が頻繁に入れ替わっていたので、そういう意味ではけっこう色々な人を見てきました。

こんな人は会社に残ったほうが良いとも思う

尊敬できる人が社内にいる

僕的にですが、心から尊敬できる人が社内に務めているというのはとても大きな財産だと思います。

そこまで尊敬デキる人であるならば、しっかりついていって、仕事を教えてもらったり、悩みを相談してみたりするのも良いかもしれません。

少しでも会社に誇りを感じている

『自分の方向性もわからないのに、社会人1年目から会社の方向性なんか分かるか!』

って言われてしまいそうですが、転職仲間と話すとき「自分たちの会社が何をやっている会社なのか、自分たちのしごとは何なのか?」ということを求めている人は非常に多いです。

もし、一時的に今の会社で働くのが嫌になってしまったとしても、会社がやっていることに誇りを持てるとしたら、きっとその会社で働き続けるお事は良いことだと思います。

人になじめないタイプ

これはネガティブなタイプの人ですが、人にあまり馴染めないが故に仕事を進めることができないという人達です。

けっこういますよね、コミュニケーションがあんまり取れないという人達。人と話をするのが苦手だからでしょうか。

こういう人は、どこにいってもなじめないタイプだと思うので、転職するよりも先に、何かしら勉強して、自分の強い専門分野やスキルを身に付けたほうがいいと思います。

最後に

僕自身、高校の時から厳しい部活に入っていたので、入部早々3日目で辞めたいと口にしていた輩を何人も知っているので、会社に入って3日で辞めたいと思う人たちも、さぞたくさんいることと思っています。

会社は学校とは違い、成果を確実に上げることが求められていること、そして20才も30才も違う年齢の人たちとのジェネレーションギャップに苦しむ人もいるでしょう。

入社して1年目なのにやめて大丈夫なのか?周りの友達はがばっているけど…

でも、どうしたらいいか分からないという人もたくさんいるでしょう。

キャリアをしっかり考えるという意味でも転職エージェンシーはかなり活用できます。

転職を斡旋するというのは最終的な仕事で、しっかりと、あなたのキャリアについて考えてくれます。

それで、転職に向いているのかいないのか、しっかり相談したうえで決めるのもありかもしれないですね。→http://www.daini-agent.jp/lp/

カテゴリー Blog

元社畜が転職成功して年収4倍にした転職エージェントを厳選して6サイト紹介

あ、初めにですが、このページは実際に転職サイトにエントリーしてもらうので、とても重要なのですが、少し時間がかかるのと、もしかしたら、戻ってくることができないかもしれません。そうなると、

おい!さっきのページどこにあるんじゃボケーーーー!

ということになってしまいますので、重要なあらかじめブックマークしていただけると幸いです。

では、本題に入ります!

こちらの転職成功の秘訣は逆算!誰でもデキる転職成功までの7ステップの記事では、できるだけ、転職サイトに登録したほうが、確率的には、自分の理想な職場を見つける確率が高くなるということを書きました。

確かに確率的には、多くの企業、求人情報を得たほうがいいのですが、必要のないサイトに登録(僕はぜんぶで20個くらい登録して面談しましたが…苦笑)、ただでさえ忙しいのに、そんなムダに登録するの効率を考えても無駄なので、今回は時間がない人のためにも、厳選した転職サイトを紹介したいと思います。

これだけ登録しておけば、まず大丈夫という転職エージェントのサイトなので、ぜひ時間短縮ように活用してみてください。

と、その前に、転職サイトに登録する前に情報の入力について注意点だけ述べておきます。優秀な転職エージェントと一緒に転職活動をするためにとても重要です。

転職サイトはあなたを売る場です。

転職サイトで注意するポイントはたったの1つです。

それは、優秀な転職エージェントが動きたくなるような魅力的な情報を入力する。

じゃあ、そのためには具体的に何をすればいいの?という話ですが、エントリーシートでしっかりとあなた自身を売り込むだけです。

具体的に説明すると

  1. 項目はすべて埋める
  2. 持っているスキル・強みは惜しみなく出す
  3. ネガティブなことは載せない
  4. 正直に書く

の4つです。

説明していくと

エントリーの項目はすべてしっかりと埋める

これは最低条件です。転職エージェントはあなたの入力情報を材料にして、どんな企業に合っているか、探します。

ただ、ここで情報が抜けていれば、判断材料が少なくなるので、転職エージェントとしても探しづらくなります。いちいち、手間の掛かりそうな仕事に優秀な転職エージェントは動いてくれません。

優秀な人と仕事をするには、あなた自身もそれにふさわしい対応をしなければなりません。

逆にしっかりと情報が詰まっているエントリーを見れば、色々な企業とのマッチングすることができるので、転職エージェントも動きやすくなります。

なので、しっかりとエントリーの項目はしっかりと埋めましょう。

持っているスキル・強みは惜しみなく出す

外資の企業で働いて、本当によく分かったのですが、みんな自身に満ち溢れています。

なんか、強っ!

って感じるわけですが、みんな少し背伸びをしています^^ あ、いい意味で背伸びをしているってことです。

『頑張ればできる!』という感じで仕事を引き受けています。だいたい、自分の脳力の1.1~1.2倍くらいな感じですかね^^;

どういうことかというと、自分の持っているスキル、強み、知識を全面的に出してきます。

でも、これが良かったりします。そういう人が仕事を持って行くからです。

エントリーシートも同じで自分の持っているスキルや強み、知識を全面的に出していきましょう。

「ん〜〜これは、載せるほどものではない…」

「これは職種に関係ない…」

なんて弱気にならずに、全部とりあえず、書いてください。

今、勉強中の資格やスキルについても、しっかり書きましょう

文面は全てポジティブに!

これは直接、転職エージェントから聞いた話のなのですが、自身のない人に程よくあるのですが、前職を辞めた理由を長々と書いている人がいるそうです^^

なにかもうそれは、愚痴のようになっていて、この人には絶対に絡みたくない…というのが文章から伝わってくるそうです、笑

正直に書く

『正直に書く』というのは2つの意味でとても重要です。

1つ目はあなたの理想な転職先を見つけるために重要です。例えば、これは少し極端な話ですが、本心では『月収で最低50万は欲しい…』と思っているにもかかわらず、

多くの求人を集めたいがゆえに『給料はあまり気にしてません』と、書いてしまうと、『最低50万円の月収』は絶対にありつけませんよね。

『最低月収50万』であるのであればしっかりと正直に書きましょう。無理なようであれば、転職エージェントと修正していけるので大丈夫です。

2つ目は、担当になってくれる転職エージェントにとても迷惑がかかるからです。このエントリーシート、書いてあることと全く違う!となってしまえば転職エージェントの方も仕事がしづらくなってしまいます。

しっかりと仕事をしてもらうには、仕事をし易いように正直に書くことが重要です。

転職エージェントの方も、仕事であるため、簡単につなげる案件や仕事のやりやすそうな案件を選んでいます。

だから、しっかりと

  1. 項目はすべて埋める
  2. 持っているスキル・強みは惜しみなく出す
  3. ネガティブなことは載せない
  4. 正直に書く

この4つのルールを守ってエントリーシートを記入しましょう。

それでは、長くなりましたが、ここからが本番です。

それでは、厳選して転職サイトを紹介していきます。一緒にエントリーページも載せておくので、一気に登録してしまいましょう。

type転職エージェント(関東のみ)

僕の就活エリアは都内だったので、都内の転職に強いとい評判だったtype転職エージェントに最初登録しました。業界は元々ITだったのですが、幅を広げて見たいという思いもありました。

僕の担当をしていただいたエージェントはIT業界にも明るく、深い理解をもって話をすすめることができました。(全体的なエージェントの質が高いとも評判のようです)

それから、転職サイトの大手なので、リソースがふんだんにある感じもいいです。サポートが手厚く受けられるのも大きな会社だからかなと思います。

都内近辺での就職を希望しているのであれば、絶対に登録しておきたいサイトです。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントのメリットもtype転職エージェントと同じで手厚いサポートが充実しています。

type転職エージェントとの違いといえば、勤務地に関東のみという縛りがないことでしょう。

転職を機に場所を変えるのも楽しそうだと思い、エントリーしました。

結果、やっぱり大阪、名古屋、そして、北海道、沖縄など、独身の僕としてはなんだか胸が踊るような場所もたくさんあり、転職をする気持ちが一気に強くなりました。

パソナキャリア

パソナはIT系への転職にも強いと知り合いに聞いたので登録してみました。

パソナも80%の非公開求人を抱えているというのがとても魅力的で、求人数も21,000件と多も多いです。

噂に聞いていたとおり、他の転職サイトではないような求人もあるので、楽しんで見てください(*´艸`*)

マイナビエージェント

大学の就活を一切しなかった僕ですが、マイナビという名前だけは知っており、大手だからということで登録しました。

やはり、ポイントは求人数の量ですかね。小さい転職サイトだと載っていないような案件がたくさんあります。

80%以上はマイナビの独占求人らしいので、これを見てみたいということで登録しました。結果、良い案件もけっこう合って納得です。

あ、僕の時は、転職エージェントの方と少しそりが合わなかったので、カスタマーサポートでエージェントの交代をお願いしました(*´艸`*)

交代を求める時は本人ではなく、カスタマーサポートに連絡しましょうね^^

Doda(デューダ)

知名度が高い割に転職エージェントのクオリティーがそんなに高くないという評判を聞いていたので正直期待はしていませんでした。

だからか、そこまでエージェントの質が悪いとは感じませんでした(笑)

ただ、明らかにtype転職エージェントやアイデムスマートエージェントとの差は明らかですね^^;

でも、なぜDodaを選んだかというと、リクルートと同じくらい大手のインテリジェンスという会社が運営しているから。

申し込んだポイントはやはり、求人企業の量です。へんな話、サポートは他で鍛えて、転職先はDodaという使い分けもできるのかな〜と。

大手だけ合ってサイトも使いやすいです。

JACリクルートメント

JACは転職エージェント専門の会社ということで期待して申し込みました。最王手のリクルートは元々広告業界だったりと、他の会社は色々な会社にぶんぎょうされているものの、JACリクルートリクルートは転職エージェント1本でやっているという、その心意気からエントリーしました。

結果、やはり、プロでした\(^o^)/

企業数じたいは、多くはないのですが、ここの転職エージェントに一度面談をしてもらうというだけでも十分に価値があります。

T企業に転職したい人はこちらも

おまけ、僕はIT系なので、こちらも登録しました。とてもオススメなので、IT業界の方にはこちらも紹介しいています。

ワークポート

web業界、特にゲーム業界の案件が多く、IT業界の人は登録必須です。IT業界の人間が多いのでレスポンスが早くストレスも感じづらいでしょう。

IT系の案件が多く、エージェントもしっかりと内部の情報まで引き出してヒアリングをしていることにビックリしました(笑)

ブラックじゃないIT企業に努めたい人は、ここの転職エージェントに相談すると良いでしょう。

Switch.【facebook必須】

フェイスブックをしている人には、とても便利かもしれません。そして、できるだけ人に会いたくないという人にも便利な転職エージェントです。

もちろん、職業はwebに特化した求人が多いです。

必要になればこちらからアポお取れるというのが便利です。

未だにフェイスブックしている間にどんな仕事があるのかみてしまいます。

おまけ

ビズリーチ

管理職をやったことある人まず、紹介たいのがこのリズビーチです。なぜかというと使いやすいから。

そして、転職エージェントから沢山のスカウトが来るので、テンションがメチャクチャ上がります!

「あ、自分の市場価値ってここまであるのか…」

と転職に希望を沸かすことができます。

本来は年収750万円がベースの人たちへのサイトなのですが、普通に年収400万円代であっても登録して使うことができます。

スカウトされる気分を味わって、転職のモチベーションを上げていきましょう♪

以上、長くなりましたが、転職サイトに入力するときの注意点と、僕が使用して役になったと思える、転職エージェントでした。

1つのサイトに絞ると他社比較ができなかったり、なにより、自分にあった仕事がない…ということになってしまうので、5、6サイト程は登録しておくと、短い時間でもスムーズに転職ができるようになると思います。

カテゴリー Blog

誰もが感じる24時間テレビの違和感と不快感。障害者の方が企画した方が絶対にいいと思う。

家に帰ってきたら、ちょうど24時間テレビでよさこい踊りを踊っているところでした。

盲目と難聴を持つ子どもたちが踊っている姿にはとても感動しました。

本当に凄い!

目が見えなかったり、耳が聞こえなかったりする困難があるなか、ああいうふうに、踊るのって本当に大変なことなんだと思う。

ただ、なにかやはり感じる違和感と、自分に対する不快感のようなものを感じてしまいました。

それがなんなのかというと、「自分よりも苦境に立たされている子どもたちが一生懸命頑張ってる、だから僕も頑張ろう、頑張らなくちゃ」って思ったからなんですね。

ここに全てが込められています。

『いや違うぞ、』と

全く違うと思うんですよね。

「なぜ、彼らが普通に、目が見えて、耳が聞こえる人たちと同じ事ができることを評価するのか?」

言ってしまったら、目が見えないとか、耳が聴こえないっていうのは、能力だと思うんですよね。

例えば、目が悪くなった人は聴覚や嗅覚が優れているとか、聞きますよね。

目が悪くなったからこそ、耳が悪くなったからこそ、僕ら普通の人よりも優っている長所って持ってると思うんです。

なのに、

『目が見えないのに、、、耳が聴こえないのに、、、普通の人と同じことができるなんて凄い!』

って評価するのって違うと思うんですよね。

彼らは僕らよりも上でも下でも無いのにかかわらず、『僕らと同じことができて、で凄い』って考え方が違うなってことです。

じゃあ、逆に、僕らを超えることができるのか?なぜ、わざわざ、苦手なことをして、ハードルを上げたところで他人と勝負しなきゃいけないのか?

それが全く違うと思います。

きっと、彼らには彼らにしか、持ち得ない能力を持っていると思うんです。

だから、あの企画って普通の人が作っちゃいけないと思うですよね。

ぜひ、障害者のトップリーダーみたいな人が出てきて、「実は僕ら、あなたたち、普通の人より凄いんですよ!知ってました?こんなこと出来ます?」

みたいなことを企画してやって欲しいと思うんですよね。

それは僕には何かわからないけど、彼らの超人的なところを見てみたい。

そう思います。

なので来年の24時間で障害者の人の特集をやるのであれば、障害者のことをよく分かっている、障害者の人に企画して欲しいと思います。

乙武さんだっていいと思います。

健常者と呼ばれる人の目線のパフォーマンスじゃなくて、障害者の目線でのパフォーマンスを見てみたい。

本当の感動って、そこから生まれると思います。

カテゴリー Blog

社会人1年目は辛いよな。抱えてるストレスの種類によっては会社を辞めるべきかも?

社会人1年目はいままでの学生生活とは違って大変ですよね。

特に大学で遊んでた人は『このまま、働きずくめの日々を65歳まで続けるなんて』と嘆いている人も多いのではないでしょうか?

そうなるともう、会社のことを考えるだけでストレスになり精神的にマイッちゃっている人も少なくありません。大丈夫です、あなただけじゃないです(TдT)

僕も会社に(騙されて?)入って社会の厳しさを知りました。

あれだけ学生の時には『社会人になるとどれだけ素晴らしいことができるか』ということを小学生の時から植え付けられていて大人=perfecthumanなんて思っていたわけです。

でも現実にいる大人(全員とは言いませんが(・∀・))けっこう腐りきった人が多いですよね。

そんな人に合うたびに『え、マジで?』と、ストレスに侵されてしまいそうになることもあります。

ある程度なら仕方ないのですが、もしかしたらこのままそのストレスを溜めすぎると、長期的に考えるとアウトかも知れません。

というのもうつ病になって再起不能になる可能性もあるからです。

ただ、ストレスは種類によっていいストレスもあります。例えば昇給につながったり自分が成長できるものはいいストレスでしょう。

良いストレスもある

まず知っておいて欲しいのはストレスは全て悪いものばかりではないということです。

これを履き間違えてしまうと、失敗してしまうでしょう。

というのも、ストレスを受けることによって人間は生きていく力を身につけることができるからです。

例えば、プレッシャーとか期待というストレスは、自分自身を成長させてくれる大切な栄養とも言えます。

このストレスが嫌で会社を辞めたいと言うのはかなり贅沢な話です。

心が砕けそうなこともあると思いますが、頑張って壁を乗り越えましょう。

でも乗り越えるべきではない悪いストレスの場合は逃げましょう。乗り越えようとすると危険です。

会社を去るべき悪いストレス

僕は純ブラック企業で働いていたのですが、そこではストレスが原因で精神的な病気にかかってしまい、何人会社に来られなくなってしまいました。

自分におきたことではないですが、本当に体は資本です。精神的にやられてしまうと一人暮らしとかとてもできる状態ではありません。。。

なのでこんなストレスだったら身を守るためにも即効会社をさりましょう。

サービス残業が当たり前

成長したいと思っている人にとってサービス残業というのは当たり前かもしれませんが、これは『タダ働き』です。

会社はタダで働いてもらって、利益を上げているってことになります。

当たり前の話ですが、中小企業であればそれを操作している社長の利益ということです。

こうなってくると社長を憎む感情が強いストレスとなってしまうことでしょう。

会社のトップを憎むというのは組織的にも良くないので、お互いのために会社を離れたほうがいいでしょう。

『おれがいないとこの会社は。。。』と思っているのは過信でしかありません。あなたがいなくても会社は周ります。

睡眠時間が1日5時間確保できない

睡眠時間が5時間以下に鳴るとうつ病になる確率は50%と言われています。

実際には毎日睡眠時間5時間で働いているプロ社畜の人もいるのですが、それは、それでも働けている人の話で2人に1人はうつ病になってしまっています。

50%の確率でうつ病になるかもしれないという状況で働くというのは、もはやうつ病になるために働いていると言ってもいいでしょう。

会社がホームになってしまっている

『会社がホームになっていて自宅がアウェイ』になってしまっている状況です。

もはや本末転倒しちゃってます。

睡眠時間が取れないからと言って、会社で寝ることを強要されることもあります。

前に僕が務めていた会社でも同じような感じの人がいましたが、例外なく会社を去っています。

上司から強迫観念しか感じられない

これは僕の体験ですが、常に怒ってたり、暴力を振ってくる上司の元で働いていると、まるで自分が『本物のバカ』になったと勘違いしてしまい能力を発揮できません。

そうなってしまうと、自分のやっている行動や発言は全部間違っているのではないかと思ってしまい、滅入ってしまいます。

会社を辞める必要はないかもしれませんが、上司を代えてもらうように相談したりしましょう。自分を大切にして下さい。

カテゴリー Blog

なぜバブル世代の上司・社員は定時に即帰らないのか?4つの理由

facebookやツイッター、はてなブックマークでも拡散されており、かなり話題になっていました。

ただ1つだけ、気にかかっていたことがあるので書きたいと思います。

それは「上司が定時に即帰らない理由に残業があるから」という一点しか述べていない点です。

もう何年か社会人をしている人はわかると思いますが、『家に帰りたがらない中堅の社員はハンパ無く多い』ですよね。

もちろん、全ての会社に当てはまるわけではないですが、違う業界で働く友達と話しても、『仕事が終わっているにも関わらず家に帰らない上司がいる』という事実です。

しかも結構な割合でいる様子です。

このことを逃して『新入社員は定時で即帰ってしまう』と揶揄されても困ると思うんですよね。

なぜ、上司が定時で即帰らないのかについて書いていこうと思います。

1.仕事の量が膨大すぎて帰れない

大前提として仕事が終わっていれば定時に帰れるのがルールです。逆に仕事が終わっていなければ、残ってやらなければいけませんよね。

だから定時を過ぎても家に帰れないんです。

これは誰でも経験したことがあるのでよくわかると思います。

2.家に居場所がないから定時に帰らない

新入社員の人が聞くとびっくりすると思いますが、世の中には家に帰りたくない人がたくさんいます。

なぜならば、家に居場所がないからなんです。これも本人が悪いといえばそれまでなんですが、家に帰っても奥さんからも子供からも邪魔者扱いされて家にいることが苦痛そのものになってしまっています。

なのでできるだけ家に帰る時間を遅くしようとして、その日にやるべき仕事が終わっているにも関わらず、定時になっても家に帰りません。

そして更にこういった上司たちの厄介な所はドンドン次の仕事をこなして仕事を下ろしてくるというところです。

なんか仕事できるキャラになってたりするんですが、それは家庭でやるべき仕事をこなしていない分を会社に費やしているだけです。

本当に迷惑なので辞めて欲しいです。

3.会社以外にいる場所がないから帰らない

家に帰っていても居場所がないうえに、飲みに行く友達もおらず、余った時間をどうやって使っていいか分からない人たちも多いですね。

そういう人たちは、唯一帰属意識の持てる会社に居心地の良さを感じるので定時になっても退社しません。

この人達の厄介なところが、やたら飲みに誘ってきたり、社員間での仲間意識を高くしようとしてくるところです。

会社の中にしかコミュニティーを持てないくらい、つまらない人間と時間を費やさなければならないのは新入社員にとって拷問に近いでしょう。

4.誰も帰らないから帰らない

これは日本特有の文化なのでしょうね。仕事が終わっているにもかかわらず、『帰ってはいけない雰囲気』と勝手に思い込んで帰らない上司たちです。

そんな人に対しては

『早く家に帰って家族サービスしてやれよ!もし独身なら即刻彼女作りにでも行けよ!お前が会社に残っていても誰も得もしないし損もしないだろ!!』

って思うわけです。

この生産性を低くする要素を共用しあうのはどういったものなのでしょうか?ある意味、新入社員の人が切り込み隊長になってくれていると考えて帰ってみてはどうでしょうか?

『嘘つきな会社』が居場所になるはずはない

ダイアモンドオンラインの記事では「新入社員に会社も居場所と思ってもらうことが重要」と謳っていますが、そもそも面接や募集内容と話が全く違う、ウソをつくような会社に所属意識を持つというのはかなり難しいと思います。

募集内容では福利厚生もしっかりしていて素晴らしいことが羅列してあって、1日の労働時間や残業についても納得する内容だったのに、何故か入ってみたらサービス残業は当たり前、『帰っていいよ♪』と言われつつも、振られる仕事の量が帰るなと物語っているし、『能力がないから早く終わらないだけだよ、早く終わるようになってね♪』というのはどこの会社でも同じような感じなのではないでしょうか?

『そんなんだったら初めから言っとけよ!』

と思うのですが、そんなことを言ったら誰も会社に入ってこないのでしょう(笑)

ただ、やっぱり嘘はいけませんよね。

『信用を無くしたらどうするんだ!一瞬で崩れるんだぞ!』

って期日を前にすると言われたりもするわけですが、そもそも会社自体が社員から信用されていないのではないでしょうか?

『あれ?聞いていた話と全く違う?もしかして騙された?それか入るところ間違えたかも。。。』

って思われてしまったら、会社に帰属意識を持たせるなんてかなり難しいと思います。

こんな状況で帰属意識を持った時点で自分自身を『社畜』と認定しなくてはならないわけですからね(苦笑)

まとめ

という感じで、何を言いたかったかというと、時間潰しのために会社に残るのやめて下さい。

それから、ムダに仕事をこなすのはやめて下さい。その分は家族サービスに当てて下さい。

それから、嘘はダメです。法律を破るのもダメです。それを新入社員に強要するのは間違いです。

カテゴリー Blog